経費削減具体策 経費削減項目を具体的に分ける経費削減

実際に経費削減を行うには、具体的に要る費用と要らない費用を分ける必要があります。

会社の費用を大きく分けると、2つの費用に分かれます。

1つは固定費、もう一つは変動費です。固定費とは売上等に関わらず、月掛かる費用のことです。

例えば、保険料や人件費、水道光熱費などのことです。

この固定費は一度検討すれば、頻繁に見直しをしなくても、継続的に利益に寄与します。

まず削減可能な経費と必要な経費に分け、
経費削減が可能な費用については早めに検討すればすぐに経費削減の効果が表れます。

変動費とは売り上げの増減によって異なる費用のことです。

変動費は売上は一定であっても、仕入れ原価のコストを見直したり、

輸送費のコストを検討しなおすことにより、経費削減の効果が表れます。

わかりやすく項目別にすると、どこを経費削減するかが分けられるようになります。